原産国

活力を生み出すパワーストーンとは・・

パワーストーンは、そもそも身に付けたり飾っておかないと活力を生み出すことができません。
そして、おしゃれとして身に付ける方もいるみたいですがつけ方にも気を付けないといけません。
つけ方や活力を生み出すつけ方について、ご説明します。

パワーストーンには、石によっていろんな効果を発揮します。
石は、いろんな種類があります。
それぞれの組み合わせで発揮する効果は違います。

もし、付け方を間違ってしまうと石酔いと言われる症状を引き起こしてしまいます。
症状としては、めまいや吐き気、頭痛などの症状になります。
パワーストーンは、身に付け方としてはブレスレットが多くなっています。

左か右の手首に身に付けるかで大きく違ってきます。
左は、天や地からパワーを吸収すると言われています。
そのため、運気を高めると言われています。

何かを新しい事に挑戦したいときなどに身に付けるときっと効果を発揮します。
右は、左からのエネルギーが出ていくことになります。
右手の場合は、自分の内なるパワーを引き出します。

何かを求めたいときなどに効果を発揮します。
また、ネックレスにして身に付けている方もいますが、どんな効果を発揮するのでしょうか。
それは、胸元の場合は、人間関係を良好に保つことができます。
このように身に付ける場所によって、発揮する効果はそれぞれ違います。

このページの先頭へ