原産国

パワーストーンの歴史とは?

パワーストーンは、昔から多くの民族から宝石や稀石として使われていました。
それから特別なパワーがあると言われ続けていました。
西洋では、紫水晶がありました。

その紫水晶には、毒や魔術を防ぐ効果があると言われています。
アステカ文明やマヤ文明の時では、呪術の道具でヒスイが使われる事が多いと言われていました。
パワーストーンについての考えが1980年代最初にアメリカで起きたニューエイジ運動に取り入れられました。

石が持つヒーリングのパワーが大きな効果につながったのではないかと言われました。
ヒーリングのパワーが大きく持っている事にまた、注目されるようになりました。
その注目となったのが水晶になります。

水晶の効果が解き明かされるようになるとクリスタルパワーと言う言葉にみんなは耳を傾けるようになりました。
これらの事が1980年代から90年代に日本に伝わるようになりました。
占星術者によって、日本に紹介されると日本でもパワーストーンを身に付ける方が多くなりました。

そして、宝石類が安く売られるようになりました。
その後には、ブームが落ち着きましたが再びブームになるきっかけがありました。
それは、石の浄化になります。
その浄化で、再びブームになりました。

このページの先頭へ