原産国

パワーストーンの原産国とは?

パワーストーンは、紀元前4000年前から使われています。
パワーストーンは、このように長い歴史を持っています。
この時から採掘されているため、資源が減ってきています。

今では、限られた資源になっています。
日本では、縄文時代から水晶が使われていました。
魔除けや祭事で神に祀られていました。

パワーストーンは、日本でも採掘されていました。
国産の水晶では、山梨県で採掘されていました。
とてもいい素質の水晶が取れることで有名でした。

現在は、ほとんど採掘されることがなくなりました。
現在では、アメリカやブラジルで採掘されています。
他の国では、エジプトやアフガニスタン、ロシア、チリで現在は採掘されています。

一番パワーストーンの質がいいと言われているのは、アルゼンチンになります。
品質がいいため、高値で取引が行われています。
採掘される石は、石の種類によって違います。

上記のような国は、ある一種の石になります。
パワーストーンは、鉱山に含まれる成分が組み合わさってできる天然な石になります。
パワーストーンが持つ色や鉱物の成分によって、原産国で違います。
このようにパワーストーンは、いろんな成分が組み合わさってできていることがわかります。

近年、街中で女性を中心にパワーストーンアクセサリーを身に着けているのを見かけます。
パワーストーンには恋愛運や金運・仕事運・健康運アップなどを期待できるので、相性の良いパワーストーン同士を組み合わせてアクセサリー感覚で身に着けることが人気になっているようです。
専門店も数多くありますので、自分だけのオリジナルパワーストーンアクセサリーを作ってみてはいかがですか?

このページの先頭へ